Flowインプラント流れ

流れFlow

インプラント治療の流れ

  • 初診来院時 カウンセリング 口腔内診査 レントゲン撮影
  • カウンセリング CT撮影
  • CT撮影後の治療計画の説明(simplant date)←歯科CT画像を添付
  • 一次手術(当日手術終了後もしくは、翌日の消毒時に、創傷治癒促進のため高濃度ビタミンC点滴を行います)
  • 2ヶ月から3ヶ月後、二次手術(骨との結合の待機期間は、症例により異なります。骨造成などを併用した場合、一般的には6ヶ月は待機します)
    オステル使用
  • 2次手術後、1、2週間後に型取り
  • 1週間から10日後に完成(装着するものにより、納期は前後致します。)

※オステルにより不安なインプラント治療を見える化します。

インプラントの安定具合と骨の質を数値化して測定する機器です。インプラント周りの骨の高さや質、結合力やその固定の状態によって数値は変わります。これによりインプラントを埋入したときの骨との安定性、および骨と結合とした時の骨形成の変化を順を追って数値で測定することができます。そのため、インプラント治療時のプロセスを数値で、測定、確認ができるためインプラントの見える化治療としても役立つことができます。