インプラント治療について

歯を失った時の治療法に、入れ歯・ブリッジ・インプラントがありますが、どの治療法にもメリット・デメリットがあります。確実にデメリットも把握し、理解したうえで治療法を選択することが大切です。

治療費について

当クリニックのインプラト治療の各種費用についてご案内いたします。

治療例について

症例によってインプラントの適用方法が異なるため、まずはインプラントの仕組みと価格についてご説明します。

治療の流れ

当院では、治療前にカウンセリングを必ず行い、患者様が治療を理解し、納得して治療を開始していただけるようにしています。

メンテナンス

インプラントは一度装着すれば、メンテナンスがいらないと思われておりますが、清掃不良などで疾患になります。

コンセプト

当院のインプラント治療の考え方、利点と患者様に実現していただきたいこと。

よくある質問

患者様からよく寄せられるインプラント治療の疑問、不安について専門医がお答えします。

インプラント治療に適した
最新鋭の設備がございます

  • マイクロスコープ

    インプラント手術時や術後の経過を観察する際に使用します。既存のルーペでは観察できない場所まで観察することできます。

  • シュミレーションソフト

    CTを取り込んで神経との関係、骨の状態を考慮しながら理想のポジションへのインプラントの設置を決定することができます。

  • CGF作成用遠心分離器

    CGFとは、多血小板血漿と呼ばれるもので、採血を行い遠心分離機を使用することで採取できる血漿成分です。

  • 生体モニター

    術中の身体の変化をリアルタイムで測定する装置です。インプラント手術を行う患者様は必ず装着して測定させていただいてます。

  • 口腔内スキャナー

    インプラント前に、口腔内をスキャンしCT画像と組み合わせることで、より立体的にまた口腔内と近似したシュミレーションができます。

  • Er:YAGレーザー

    このレーザーは、インプラント体に影響を与えることなく洗浄が可能となっています。また、二次手術の際にレーザーで最小限の切開することもできます。

開院以来数多くのインプラント症例を扱ってきた実績があるからこそ提供できる治療

当院では、開院以来数多くのインプラント症例を行ってきました。
そして現在において、より良い環境や設備での治療に取り組むため様々なソリューションを導入し、患者さんにとって良いものを提供するようにしています。
歯科用CTの導入、インプラント測定機器、インプラントシステムの複数導入、サージカルガイドを用いた治療などデジタルソリューションを含め、より安全に、そしてより結果を求めて患者さんに提供するよう心がけております。

院長 小嶋隆三先生のプロフィールはこちら

小嶋デンタルクリニックで使用する
インプラントの種類


ストローマンインプラント
ストローマンインプラントは早く骨の結合をしてくれる点と、インプラント体が比較的に小さいため、日本人の顎骨に適合しやすいのも特徴の一つです。
ストローマンインプラントについてはこちら


DIOインプラント
既存のインプラントシステムでは手術時に切開などが必要になるケースが多いですが、痛みや術後の腫れが少ない超低侵襲なインプラント手術です。
DIOインプラントについてはこちら

小嶋デンタルクリニックからのお知らせ

過去のおしらせ一覧はこちら

当クリニックによるブログ更新中

小嶋デンタルクリニックの様々な治療など、歯の悩みについて医師が丁寧に解説、お答えしています。