「未分類」カテゴリーアーカイブ

サイナスリフト後のインプラント埋入から10年

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
インプラントはどれくらい持つのですか?と質問をよく受けます。
 
結構難しい質問で、どれくらい持つかは双方による努力によりいくらでも持つという感じが正解な気がします。
 
セラミックもインプラントも車と家と同じように、基礎からしっかり作ることが前提だけれでも、ほとんどの時間をその方個人が使用しているので、その方がきちんと管理できるか、雑に扱わないかでその持ちは結構変わっていきます。
 
インプラント治療でも、いくら良いポジションに埋入しても、歯ブラシをしない方だったりその他の歯を治さずにバランスが崩れ負担がかかっている、過度な負担がかかりすぎている場合は、短命ですし、しっかりと管理できている方であれば一生持つ可能性もあります。
 

 
右上が残根で要抜歯状態。
 
治療後インプラント治療を希望。上顎洞に近接しているためサイナスリフトが必要です。
 

 
サイナスリフトを行いインプラントを埋入し今年で10年目のレントゲン。
 
ご本人もしっかりとメインテナンスに来院し、清掃も良好。歯周病にも罹患せず経過しています。
 
医療従事者としてはまず、診断を間違えず確実な治療を行うことが前提として求められ、そして患者さんも管理を順守することで長期間口腔内で維持することができます。
 
しっかりとコミニュケーションをとり行っていきますのでご相談ください。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

前歯のインプラント

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
前歯が動揺すると訴えて来院された患者様。
 
確認すると、確かに動揺。一本のみ動揺している状態で他の歯は問題なし。
 
根尖病巣の進行により、歯根が吸収した結果発生したと考えられます。
 
治療としては要抜歯。
 

 
治療後にインプラント治療を希望されたので、インプラントを埋入しました。
 
術後5年のレントゲン写真。
 

 
状態は良好に経過しています。
 
もしブリッジにすると、大切な歯、健康な歯を削らなくてはなりませんが、インプラントであれば単独で治療することが可能。
 
清掃環境も良くなり、再治療もなく経過しています。
 
治療を行なっていく中で歯科医師側としては、いかに管理しやすい状態を作り出すか。
 
治療しても清掃が複雑であれば再治療のリスクが出てきます。
 
できるだけ再治療しないように、清掃性の良い治療にはインプラント治療は最適です。
 
ご相談ください。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

神経に近接するインプラント治療

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
下顎のインプラントを埋入する時の留意点の一つに下歯槽神経との距離があります。
 
距離をしっかりと安全域含め開けること。
 
開けなければ、下歯槽神経麻痺のリスクが高まります。
 
神経に接していなくても、近接していることによりその骨内の血流や振動により神経が障害されることがあります。
 

 
インプラントを計画した患者様。
 
CT所見を確認すると下歯槽神経にかなり近接していることがわかりました。
 
下歯槽神経まで10mm弱。
 
インプラントの長さは8mmでstraumannを使用します。
 
最近ではショートインプラントなどの直径の長さは、インプラントの長期的な予後に関わらないとされています。
 
どんなに長いインプラントを入れてもインプラント周囲炎になってしまえば変わらないですからね。長いから有利という構図は崩れています。
 
短くても適正なポジションに、磨きやすい環境で入れることが何よりも重要とされています。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

上顎固定性インプラントブリッジ

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 

 
上顎ブリッジが動揺すると訴えて来院された患者様。
 
外れて虫歯になり、保存が難しい状態。
 
義歯にはしたくなく奥歯もずっと義歯は使用しなかったとのこと。奥歯が入っていないため前歯への突き上げが強くなり、上顎ブリッジの崩壊に繋がったと考えられます。
 
治療の中で義歯にはしたくないという希望があったためインプラント治療に。
 

 
上顎は4本埋入し固定式のブリッジで仕上げました。
 
下顎は最小本数でということで、右下は2本でブリッジ、左下は1本でカンチレバーで作成。術後5年ほど経ちますが経過良好です。
 
上顎のロングスパンのブリッジになると清掃性をしっかり行うことが必要です。
 
ジルコニアという素材で歯垢や歯石は溜まりにくいのですが、それでもしっかりと清掃が求められます。
 
スクリュー固定なので1年に1度クリニックで外して洗浄しています。
 
義歯使用せず、何でも食事できていることに満足されているとのこと。
 
少数のインプラントで固定式のブリッジも可能ですので気になる方はご相談ください。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

中間欠損に対するインプラント治療

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
欠損は様々なパターンがありますが、今回は中間欠損について。
 
中間欠損とは、前後に自分の歯があるのだけどもその間の歯が欠損してしまったというケース。
 
そのような場合はブリッジを選択する場合があるのですが、ブリッジだと歯を削らなくてはいけなくなってしまいます。
 

 
中間欠損に対してインプラント治療を行なったケース。
 
前後の歯は部分修復しているものの虫歯は深くなくブリッジにするためには形成量を増やさなくてはいけない状態だったためインプラント治療を選択しました。
 
骨幅もよく1回法で埋入。
 
埋入し補綴後3年経過したレントゲンですが、骨吸収なく経過しています。
 
中間欠損こそインプラント治療が最も適応されやすい場所です。
 
ブリッジにするともしかしたら、将来的に歯周病の影響で支台の歯が吸収してくる可能性があります。
 
中間欠損がある方は一度インプラント治療を検討してみましょう。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラントと天然歯は連結できるか?

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
奥歯を失ってブリッジでかける歯がなくなったから、奥にインプラントを埋入して連結してブリッジを行うことが可能かと聞かれることがあります。
 
インプラントと、自分の天然歯を連結させることはNGです。
 

 
インプラントと天然歯の最も大きな違いとは、歯根膜の有無になります。
 
歯根膜は歯のクッション機能と言いますが、免疫細胞も存在しており、歯が多少動くために必要な組織。
 
歯根膜があることにより、歯根破折を防止したり、矯正治療で歯が動くことができたりとても大切な組織となります。
 
一方インプラントにはこの歯根膜がありません。
 
抜歯することにより、歯根膜は歯と共になくなります。
 
インプラントはフィクスチャーと骨が直接的に結合しています。
 
そのためインプラントは全く動かない、天然歯は微妙に動くという関係なので、これを連結して補綴をすると天然歯は動かなくなり、天然歯の破折リスクが高まります。
 
インプラントはインプラントで、天然歯は天然歯で必ず分けて補綴することが望まれます。
 
詳細はまたご相談しますのでご連絡ください。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

サイナスリフトとインプラント

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
右上のインプラントを希望されて来院された患者様。
 
術前のレントゲンにて上顎洞までの距離が2mm程度しか存在せず、インプラントを行うにはサイナスリフトを行う必要性がありました。
 
埋入本数は1本で、手前は以前インプラントを行なっている状態。
 
ブリッジの設計にする必要があるので部分的にサイナスリフトを行う必要がありました。
 

 
このように骨が少ないのがわかります。
 
サイナスリフトには治療の仕方が2つあります。
 

 
横からアプローチするラテラルウィンドウテクニック。
 
主に広範囲のサイナスリフトが必要な場合に行う治療となります。
 

 
垂直的にアプローチするクレスタルアプローチテクニック。
 
1歯に限局しますが、インプラントホールを形成しつつ挙上できる治療。
 

 
今回は1歯のみのためクレスタルアプローチテクニックで行いました。
 
初期固定も良好だったので同時埋入で実施。
 
クレスタルアプローチは盲目的になるので慎重な治療が必要。
 
ただその分侵襲性が低いため術後の疼痛や腫脹が少ないのがメリットとなります。
 
上顎洞に近接するケースについてもインプラント治療を行なっていますのでご相談ください。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

ブリッジかインプラントか

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
欠損後の補綴としてブリッジかインプラントかの選択肢があります。
 
左下欠損部に対する補綴処置。
 

 
2本分欠損しており、治療計画として
 
– 義歯
– ブリッジ
– インプラント
 
の3つが考えられます。
 
ブリッジの場合は奥の歯と手前の歯の共に神経が生きている歯を全て被せる必要があるため形成量がかなり増えます。3本削らなくてはいけません。
 
ブリッジの最大のデメリットは歯周病と不適合による虫歯ですよね。
 
連結による負担というのはどう考えても大きいものです。
 

 
インプラントを選択しました。
 
今回のケースでブリッジを選択すると結構大変です。5本が連結されること全て神経が生きている歯を削ること、形成量が大きくなることから形成後の疼痛、清掃性なども含めフォローが大変そうです。
 
補綴の選択肢は複数あるとしても、その中での優先順位というのはあります。
 
状態に合わせた選択を行うことが大切です。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント後の仮歯

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
インプラントを行う方でよく質問を受けるのが仮歯の問題。
 
インプラント埋入してすぐ仮歯が入るのか入らないのか。
 
前歯の場合はどうするべきなのか。
 
インプラントの埋入状態にもよりますが、基本はすぐに仮歯は入りません。
 
もちろん抜歯即時インプラント、即時荷重という少し特殊な治療となると当日から固定式で歯が入るわけですがよほど条件が良くないと実施はしません。
 
ではどうするのか。
 
奥の単独歯欠損であれば、インプラントを埋入したら1回法でも2回法でもキャップをつけて終了します。2、3ヶ月後に最終補綴へ向かう形ですね。
 
前歯の場合はというと、
 

 

 
このように、抜歯した歯や抜歯で撤去した被せ物をトリミングして両隣接している歯と固定します。
 
見た目的には今までと変わりませが、全く機能的ではなく使えないので前歯で噛むことは控えるようにしましょう。
 
骨造成などの大きな処置を行った場合は基本的に粘膜が完全に治るまでは粘膜に圧はかけないのがベストです。
 
義歯なども外しておき、食事が大変になるかもしれませんが流動食に切り替えて治癒を最優先にする必要が求められます。
 
事前に注意事項や予測はできますのでご心配な方はご相談ください。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

スペースを作ってインプラント

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
欠損部を放置しているとどうなるか。
 
歯の移動が起こります。
 
歯は骨の中で固定されているとはいえ、骨と直接結合しているわけではなく、歯根膜という組織を介して結合しています。
 
そのためこの歯根膜が移動に関わっています。
 
抜歯し欠損することによって、例えば横にあった歯はサポートを失い傾斜します。
 
また噛んでいた歯は噛まなくなるため噛むことで位置がサポートされていたのがなくなり、挺出と言って飛び出てきます。
 

 
左上欠損部へのインプラント治療を希望された患者様。
 
歯根間でのスペースはありますが、奥の歯が傾斜しているのがわかります。
 

 
奥の被せ物を外して傾斜を改善。スペースを作成したのちインプラント治療を行いました。
 
できるだけ欠損したら早く補綴することが望ましいと考えられます。
 
傾斜し、挺出し、スペースがなくなればインプラントも無理な設計を取らざるを得なくなったり、それにより予後が悪くなることも。矯正治療なども必要になってくることもあります。
 
欠損したらできるだけ早めに行うようにしましょう。
 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental